祖父のこと。

シルバーウィークは祖父の法事のため帰省しました。

17回忌。

いつの間にか祖父が亡くなり17年も経っていました。

いつも笑顔だった祖父。怒られた記憶はありません。

ニコニコしながら庭でタバコを吸っていた姿を今も思い出します。


親せきからも近所の人からも、誰からも好かれていた祖父。

祖父に生きていて欲しかった。

大人になった自分にどんな声をかけてくれただろう。


祖父が亡くなり、祖母は殻に閉じこもるようになった。

耳が遠くなり、足腰が弱り、骨折を繰り返して、入院し、認知症に。

祖父がいたら祖母の人生も違っていたのかな、なんて思ってしまう。



今回の法事で初めて知ったこと。


祖父はおじの腕の中で亡くなったということ。

自分の息子の腕の中で亡くなるなんて、幸せな最後だったのかもしれない。

おじはこれ以上つらいことはなかった、と言っていたけど・・・


闘病も入院もなく、1日の終わりに息苦しくなったまま逝ってしまった。


人の最後なんてわからない。いつも思う。

明日かもしれないし、10年後かもしれない。

1日いちにち、大事な人に気持ちを伝えることを忘れずにいたい。



umi


umi's LIFE

ようこそ。 日々の生活と想いを中心に気楽に綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000